日中勤務オンリーの運送会社の求人を探すなら

■運送会社の勤務体系

運送会社での勤務には職種にもよりますが、勤務時間がバラバラなケースがあります。例えば早朝の勤務であったり、深夜の勤務であったり、と与えられる役割によっても変わってきます。もちろん、いわゆる一般的な時間帯での勤務のみの会社もありますので、このあたりは運送会社によって変わってくるのですが、運送会社への転職を目指す場合にはまずこのような勤務時間のバラつきがあることを知っておくことが重要です。

 

■扱う業務によって時間帯は様々

運送会社における求人の多くがドライバーであるように、ドライバーはその職務の中心となるわけですが、同じドライバーでもどんな業務に就くのかによって勤務する時間帯は変わってきます。すでに運送会社での勤務経験がある方であればご存知かと思いますが、運送会社への転職が初めての場合、こうした事情について理解しておき、求人の検索の際や面接の際にもこうしたポイントについて確認しておくことが大切です。でなければ勤務したものの、想定した勤務時間と違う、と言ったことがあとになって分かることがあります。特に勤務時間と就業時間などに関しては、勤務してみて初めて分かることとも多く、やはり採用担当者にこうした点ついてもしっかりと聞くようにしましょう。

 

■中小運送会社では様々な業務を扱う

中小運送会社では、いわゆる下請け業務がメインで、中には孫請けとしての業務を行っているところも少なくありません。そういった会社では様々な業務案件を扱っていますので、どんな業務に就くかで勤務時間は大きく変わります。求人募集の際にどのような業務内容の募集などがはっきりと明記されているケースであれば分かりやすいのですが、そうでない場合もあります。色々な業務を扱っているので応相談、のような求人の場合には、こうした事情を知っておくことが重要で、場合によっては早朝勤務であったり、深夜勤務であったりの求人もあることが考えられます。

 

■大手運送会社の方がやはり日中勤務の業務は多い傾向に

日中勤務の求人に関しては、やはり大手運送会社の扱う求人の方に多く見つけることが出来る傾向にあります。比較的業務内容が安定していることがその背景にありますが、もちろん例外もありますのでしっかりと確認の上、転職活動を行って下さい。また、日中の勤務の仕事であっても、使用時間と開始場所、終業時間と終わる場所なども確認しておく必要があります。例えば始業時間が一般的な時間であっても、スタート場所が会社から遠い、自宅から遠いなどの場合、結果的に朝早くから動く必要が出てきます。終業時間に関しても同様で、会社から遠い配送先での終わりになると帰社すると結果的に遅くまでの勤務となることもあります。こうした関係性もなども頭にいれ、自分の希望に合った日中勤務の求人を探すことが大切です。