【ドライバー】長距離運転メインの運送会社はあるか?

・長距離がメインの運送会社

運送会社では扱う荷物や、請け負う仕事によって業務内容な勤務体系など様々です。例えば時間帯などもそうですし、配送の距離によっても大きく変わります。

 

運送会社の中には長距離の配送業務をメインとしている会社も多くあります。遠方への配送をメイン業務とする場合、ドライバーとしての業務のメインは長距離で運転となります。やはり体力的な面で、近距離の配送に比べると大変にはなりますが、運転が好きな人にとっては適している業務であるとも言えます。

 

・長距離ドライバーの求人事情

長距離ドライバーのニーズは運送会社によって大きく変わります。長距離の業務が少ない運送会社においてはあまり需要は高くなりませんし、長距離メインの会社であれば需要は高くなります。一昔前までは長距離ドライバーの需要は高く、また給与も高い傾向にありました。そうしたことから稼ぎたいドライバーは長距離ドライバーの仕事を目指したりした時代もありましたが、近年の運賃の低下や、各拠点を経由するシステム化の進行などによって、長距離運行の需要はそれほど高くなくなりました。こうしたことから、長距離ドライバーは稼げると言われた時代と比べると需要は低くなりましたが、それでも長距離メインの運送会社からの需要は高く、多くの求人を見つけることも出来ます。

 

・求人をチェックする時のポイント

長距離運転をメインとするドライバーの求人では、やはり条件面、そして業務内容などをしっかりとチェックすることが大事です。特に一口に長距離運行と言ってもどのような業務内容になるのかをしっかりと確認しておかないと、入社してから大変な事になってしまうこともあるので気を付けなければなりません。例えば、どれぐらいの距離を走るのかで何日工程になるのかなどは変わります。長距離運転と言っても、数日がかりの運行なのか、2日程度の運行になるのかは大きな違いとなります。

 

また、単純に行きの配送だけで終わる業務は少なく、行った先で、またその近辺で荷物を積んで戻りながら荷物の配送を行う、いわゆる往復でワンセットになるような業務内容も多いです。そういった場合には特にどれくらいの工程になるのかについても確認しておかなければなりません。長距離ドライバーと言えばどうしても給与の面ばかりに目が行きがちですが、こうした業務内容の面でもしっかりと確認しておかなければなりません。

 

・長距離ドライバーとして働くという事

長距離運転の求人を探す際にまず考えておくべきことは、業務の中心は運転になるという事です。ドライバー業と言えども、通常の近場の配送などの場合荷物などにもよりますが、運転をする事と配送の為の荷物の積み下ろしなどの仕事があります。この割合は仕事内容によって違いますが、例えば細かな荷物を沢山積んで運搬するような仕事の場合は、運転より積み下ろしなどの作業時間の方が長いこともあります。

 

反対に長距離ドライバーの大半の時間は運転となります。運転が好きな事はやはりまず必須な条件であるとも言え、また長距離の運転は体力的な面と、長い時間集中して運転する先進的な面での負担を強いられます。長距離の運転業務にはこのような側面があることを十分に理解した上で、自分の希望する働き方に合う求人を見つけることが重要です。

資格取得サポートの有る運送会社について見ていく

■資格は運送業において大きな武器となる

運送関係の仕事をする上で、資格の所得は時に大きな武器となります。特に国家資格などの難易度の高い資格となりますと、それを保有していることで転職活動でも大きな武器となることは多いです。もちろん自分の業務に全く関係が無い場合は別ですが、仕事の上でも、給与などの待遇面などでも、有利になることが多い資格などは所得するチャンスがある場合、積極的にそうした環境を活用して資格の取得に励むことが得策です。

 

■資格取得サポート有りの求人は積極的にチェックしましょう

運送会社への転職を考える際には、資格取得に積極的な支援を行う会社の求人を積極的にチェックしましょう。資格の取得は個人にとっても大きなプラスとなりますが、それもちろん会社にとってもプラスとなります。

 

そうした資格取得に前向きな会社の場合、やはり人員の採用にも積極的で、特に資格の取得と言う意味でも人材育成的な観点に優れた会社が多い傾向にあります。特にドライバー職は離職率が高く転職が多い職種だと言えますが、そんなドライバー職においてもしっかりと育成について考えている会社は働きやすい環境であることも多いです。そういったことからも、こうした資格取得へ積極的な会社の求人はしっかりとチェックしておくことが重要です。

 

■資格取得へのどのようなサポートをしてくれるのか

どのようなサポートをしてくれるのか、条件的な面の確認も忘れてはいけません。時間的支援、金銭的支援、環境的支援、一口にサポートと言っても様々な支援の仕方があります。例えば資格取得までに多くの金銭的な費用が掛かる場合には、金銭的なサポートがあれば安心して資格取得を目指せます。また、働きながらの資格取得には時間的な問題も出てきますが、資格取得までの時間的な融通をきかせてくれるなどのサポートも助かります。このようにサポートについてはどういったサポートになるのか、そういったところもしっかりと確認しておくことが重要です。

 

■取得までの条件面は非常に重要

先ほども少し触れましたが、資格取得までの条件面は非常に重要です。例えば資格所得までは見習いとしての勤務となって、給与などの条件面も正規条件ではなく見習いとしての扱いになることもあります。こうした条件面も確認しておかなければ、資格取得に積極的なサポートをしてくれても、取得に時間が掛る場合には、それまでの間の生活がままならないこともあります。資格取得サポートありの求人は優先的に確認しておきたい求人でもありますが、こうした条件的な面もしっかりと確認しておくことが重要だと言えます。