大手運送会社の求人をチェックしてみる

○大手運送会社の求人状況

 

運送会社における求人状況は、ドライバーの慢性的な不足などもあり、比較的見つけやすい状況だと言えます。その中でもやはり大手運送会社における求人は多く見つけることが出来ますので、資格や条件的な問題もあるとはいえ、転職においてチェックしておきたい求人だとも言えます。

 

中小運送会社などの場合は通年での募集は難しく短期的な募集などが多く見受けられますが、大手運送会社などの場合は通年での求人募集なども多く見かけますので、その中でも特にドライバー職などは求人が見つけやすい状況です。

 

○基本的には売り手市場であると言える

 

運送会社における求人市場は、やはり慢性的な人材不足などから、基本売り手市場である傾向にあります。一般的には新卒での採用などの力を入れ、足りない人材を中途採用などで補う形での採用活動を行うことが多いと思いますが、運送会社の場合は他の職種に比べ、より即戦力を求める傾向にあります。これには慢性的なドライバー不足などの問題が背景として挙げられますが、そういった背景からも特にドライバー職などは売り手市場であるとも言え、比較的求人をしっかりと比較しながらの転職活動がしやすい状況であるとも言えます。

 

○職種にもよる

ただやはり職種によって求人状況は大きく変わり、例えばドライバーなどの現場の人間に関しては売り手市場であっても、事務職や経理職などに関しては厳しい状況であることが多いです。これにはやはり大手運送会社であるからこその条件面や待遇面が関係しており、同じ事務職や経理職をとってもしっかりとした条件面で働くことが出来る大手運送会社の方が人気が高くなるからです。また大手運送会社における事務職や経理職などは、中小運送会社に比べて正社員としての雇用が多いことも、入れ替わりが少ないことに繋がりそれは求人の少なさへと繋がります。

 

○条件面は慎重に比較する必要あり

 

大手運送会社への応募に関してはやはり条件面などもしっかりと比較することが重要となります。運送業界全体としてみるとやはりまだまだ景気が回復しているとは言い難く、それゆえに好条件での求人はそう多くありません。大手運送会社だからと盲目的に求人を探していると中々自分の希望する求人を見つけることが出来ないこともあります。大手運送会社への転職理由が条件面の良さである場合、視野を広げて求人を探すことも重要です。もちろん大手運送会社ゆえのしっかりとした条件を提示している会社もありますが、あくまでもトータル的に見た転職活動を行うことが大切だと言えます。