よくある運送会社への転職理由を考える!

■他業種からの転職を目指す場合には

 

他業種からの転職を希望する人の場合、マイペースで仕事が出来る、運転が好きだから、などが運送会社への転職を目指す理由として多く挙がります。特に他業種などで人と接する仕事、組織的に動くことを余儀なくされる仕事などに従事している人の場合、人間関係のわずらわしさに嫌気がさし転職を決意する人も多く、運転中は自分ひとりの時間となることが多い運送業と言う仕事が魅力的に映ると言った傾向が高いのが特徴的です。

 

また、元々運転することが好きな方などにとっても勤務時間の大半を運転に費やす配送の仕事に魅力を感じ、転職を目指すケースも多くあります。

 

■同業界内での転職の場合には条件面などを重視する傾向が

 

同じ業界内での転職においてはやはり、条件的な面での理由が多く、給与、勤務時間、休日、などを理由に転職を希望するケースが多いです。特に給与体系などは運送会社によって様々で、また仕事内容によってその勤務時間、拘束時間なども様々です。例えば食品関係をメインに配達する業務を中心としている運送会社に勤務している場合、やはり必然的に勤務時間は朝の早い時間からの勤務、もしくは夜遅めの勤務となることがほとんどです。こういった場合にはやはり勤務時間などは転職の大きな理由の1つになります。

 

また、運送会社の中でも下請けの仕事がメインとの会社の場合、必然的に運賃は下がりその分は給与の面においても大きく影響をしてきます。こうした勤務時間や勤務内容と給与とのバランスにおいて満足がいかず、転職を目指すケースは多いです。

 

■他にも運送業界ならではの理由が

 

他にも、例えば運送業界ならではの特徴から転職を目指すケースも多く、長距離メインで走っていたドライバーが地場を走る仕事へと転職を目指したり、資格の取得に積極的な会社への転職や、すでに取得している資格を活かすための転職を希望するケースも多くあります。

 

特に資格の面に関しては、十分に生かすことが出来れば給与などの待遇面においてもはね帰ってくる大きなポイントとなるべき要素となりますが、しかしながらその資格を活かすことが出来ない会社であれば転職を考えることこそが、資格を十分に生かすことが出来る唯一の方法だと言えます。

 

このように運送会社の転職理由は、置かれた立場や状況などによって様々です。今の現状をよりよいものにするための転職なのであれば、積極的に自分に合った会社への転職を考えてみるべきだと言えます。