中小運送会社の求人を丸裸にしてみる

○中小運送会社の求人事情

 

中小運送会社における求人事情は、どの会社においてもやはり苦しい状況下での採用活動であることがほとんどであると言えます。採用活動に多くのコストが割けない中、一方で人材不足に悩む会社は多いのでこのような状況がある意味で悪循環を招いてしまうケースも少なくはありません。求人募集を積極的に行いたい一方でこうした求人募集へ多くの予算が割けない現状に悩む会社は多いです。

 

○運送会社の求人で最も多い

 

運送会社の求人市場でも、やはり中小運送会社の求人が全体として見た時にも中心となってきます。大手運送会社などの場合は通年での募集などをしていることもあり、目にする機会は多くなりますが、やはり求人の中心は中小運送会社の求人となり、これらの運送会社の求人を探している方にとっては多くの求人を見つけ比較検討することが出来ます。

 

○やはり中心はドライバーの求人

 

中小運送会社の求人の中心は、やはりドライバー職の募集となります。中小運送会社では求人募集に多くのコストが掛けられないことから、やはり慢性的な人員不足に陥りやすいです。特に元々ドライバー職においては十分な人手が確保できていない中小運送会社も多く、このような場合には主に欠員や新規案件の獲得に応じての募集となることも多いです。

 

事務職や経理職などに関しても求人を見つけることは出来ますが、中小運送会社においてはこれらの職種の定員が元々少ないこともあり、時期やタイミングなどによってはあまり多くの求人を見つけることは出来ないこともあります。管理職の求人などは中小運送会社では元々求人を見つけにくいこともありますので、しっかりと求人情報を常日頃からチェックしておくことが重要だと言えるかもしれません。

 

○希望条件を明確にして活動を

 

中小運送会社への転職を希望する場合には、やはりまず希望する条件などを明確にしておくことが重要です。中小運送会社などの場合、条件的な面や業務内容などが様々な為、どこに重きを置くかは転職活動の大きなポイントになります。

 

特に業務内容などは運送会社によって大きく異なることになりますので、どんな仕事を希望するのか、どんな働き方がいいのか、しっかりとこのあたりを明確にしておくことが、転職活動をより良いものにするためのポイントだと言えます。

大手運送会社の求人をチェックしてみる

○大手運送会社の求人状況

 

運送会社における求人状況は、ドライバーの慢性的な不足などもあり、比較的見つけやすい状況だと言えます。その中でもやはり大手運送会社における求人は多く見つけることが出来ますので、資格や条件的な問題もあるとはいえ、転職においてチェックしておきたい求人だとも言えます。

 

中小運送会社などの場合は通年での募集は難しく短期的な募集などが多く見受けられますが、大手運送会社などの場合は通年での求人募集なども多く見かけますので、その中でも特にドライバー職などは求人が見つけやすい状況です。

 

○基本的には売り手市場であると言える

 

運送会社における求人市場は、やはり慢性的な人材不足などから、基本売り手市場である傾向にあります。一般的には新卒での採用などの力を入れ、足りない人材を中途採用などで補う形での採用活動を行うことが多いと思いますが、運送会社の場合は他の職種に比べ、より即戦力を求める傾向にあります。これには慢性的なドライバー不足などの問題が背景として挙げられますが、そういった背景からも特にドライバー職などは売り手市場であるとも言え、比較的求人をしっかりと比較しながらの転職活動がしやすい状況であるとも言えます。

 

○職種にもよる

ただやはり職種によって求人状況は大きく変わり、例えばドライバーなどの現場の人間に関しては売り手市場であっても、事務職や経理職などに関しては厳しい状況であることが多いです。これにはやはり大手運送会社であるからこその条件面や待遇面が関係しており、同じ事務職や経理職をとってもしっかりとした条件面で働くことが出来る大手運送会社の方が人気が高くなるからです。また大手運送会社における事務職や経理職などは、中小運送会社に比べて正社員としての雇用が多いことも、入れ替わりが少ないことに繋がりそれは求人の少なさへと繋がります。

 

○条件面は慎重に比較する必要あり

 

大手運送会社への応募に関してはやはり条件面などもしっかりと比較することが重要となります。運送業界全体としてみるとやはりまだまだ景気が回復しているとは言い難く、それゆえに好条件での求人はそう多くありません。大手運送会社だからと盲目的に求人を探していると中々自分の希望する求人を見つけることが出来ないこともあります。大手運送会社への転職理由が条件面の良さである場合、視野を広げて求人を探すことも重要です。もちろん大手運送会社ゆえのしっかりとした条件を提示している会社もありますが、あくまでもトータル的に見た転職活動を行うことが大切だと言えます。

よくある運送会社への転職理由を考える!

■他業種からの転職を目指す場合には

 

他業種からの転職を希望する人の場合、マイペースで仕事が出来る、運転が好きだから、などが運送会社への転職を目指す理由として多く挙がります。特に他業種などで人と接する仕事、組織的に動くことを余儀なくされる仕事などに従事している人の場合、人間関係のわずらわしさに嫌気がさし転職を決意する人も多く、運転中は自分ひとりの時間となることが多い運送業と言う仕事が魅力的に映ると言った傾向が高いのが特徴的です。

 

また、元々運転することが好きな方などにとっても勤務時間の大半を運転に費やす配送の仕事に魅力を感じ、転職を目指すケースも多くあります。

 

■同業界内での転職の場合には条件面などを重視する傾向が

 

同じ業界内での転職においてはやはり、条件的な面での理由が多く、給与、勤務時間、休日、などを理由に転職を希望するケースが多いです。特に給与体系などは運送会社によって様々で、また仕事内容によってその勤務時間、拘束時間なども様々です。例えば食品関係をメインに配達する業務を中心としている運送会社に勤務している場合、やはり必然的に勤務時間は朝の早い時間からの勤務、もしくは夜遅めの勤務となることがほとんどです。こういった場合にはやはり勤務時間などは転職の大きな理由の1つになります。

 

また、運送会社の中でも下請けの仕事がメインとの会社の場合、必然的に運賃は下がりその分は給与の面においても大きく影響をしてきます。こうした勤務時間や勤務内容と給与とのバランスにおいて満足がいかず、転職を目指すケースは多いです。

 

■他にも運送業界ならではの理由が

 

他にも、例えば運送業界ならではの特徴から転職を目指すケースも多く、長距離メインで走っていたドライバーが地場を走る仕事へと転職を目指したり、資格の取得に積極的な会社への転職や、すでに取得している資格を活かすための転職を希望するケースも多くあります。

 

特に資格の面に関しては、十分に生かすことが出来れば給与などの待遇面においてもはね帰ってくる大きなポイントとなるべき要素となりますが、しかしながらその資格を活かすことが出来ない会社であれば転職を考えることこそが、資格を十分に生かすことが出来る唯一の方法だと言えます。

 

このように運送会社の転職理由は、置かれた立場や状況などによって様々です。今の現状をよりよいものにするための転職なのであれば、積極的に自分に合った会社への転職を考えてみるべきだと言えます。