運送会社に転職するにあたって有利な資格を見ていく

・運送会社で活かすことの出来る資格

転職において資格は有利な武器となります。運送会社への転職においても持っている保有している事で有利になる資格もあります。また、資格を持っていることは条件面での優遇に繋がる事もあります。職種などによっても変わってはきますが、このような資格が転職に有利に繋がる事も考え、運送会社への転職、求人の検索を行っていくことが大切です。

 

・ドライバーの資格

ドライバーには多くの資格があり、持っていることで出来る仕事、持っていないと出来ない仕事などがあるため、資格があれば転職活動でも幅や可能性が広がります。やはり大型の免許などは持っている事で業務の幅が広がることは間違いありません。また、特殊な資格も業務によっては大きな武器となります。危険物やけん引、玉掛けなどの資格は所有している人自体が多くありませんので、そういった業務を扱っている運送会社への転職では大きな武器となります。

 

・経理や事務職の資格

経理職や事務職でも、資格があることは転職において大きな武器になります。経理職ではやはり簿記などの資格がある方が望ましいですし、特に人気の求人などになればなるほどこうした資格が活きてきます。事務職においてはあまり資格が直接的に必要とはなりませんが、例えば経理業務なども行う事務職であればそうした資格があれば大きなアピールとなりますし、パソコンなどを使ったデータ入力などが主な業務となる場合にはパソコン関係での資格が武器となります。

 

・営業職や管理職の資格

営業職においては特にこれと言った資格があるわけではないのですが、例えば営業から入社して将来管理職や経営を担うポストを目指したい場合には、将来を見据えた資格取得を考えておくことも運送会社への転職活動には活きてきます。管理職としての資格で言いますと、運行管理者などの資格があり、これは営業職と言うよりも業務的な知識が必要なる資格ではあるのですが、運送業をしっかりと理解し必要な知識を保有している証ともなるため、転職における大きな武器となります。特に運行管理者の資格は、運送会社において必要な資格であるため、取得している事は大変大きな武器となります。転職にあたってはこうした資格の取得を事前に考えておき、転職活動ではしっかりと活かせるようにしましょう。

スポット勤務での運送会社を探すには

・運送会社におけるスポット求人

運送会社のその多くの業務は事前に決められた業務の運行で行うことになりますが、一方でスポット的な運行が求められるケースもあり、それは期間限定の業務であったり、もしくはその日限りの業務であることが多いです。例えば、時期的な要因に大きな影響を受ける商品の配送などは、その時期だけスポットの業務が増えたります。また、その日その日の物量が変動しやすい配送業務なども日によっては少なかったり、また反対に多かったりとスポット的な業務が出ることも多くあります。このように運送会社ではスポット的な配送は多くあります。

 

・スポット勤務の仕事が多い運送会社

運送会社の中でもスポット勤務の仕事が多い会社には、前述させて頂いた、物量の変動の多い業務を中心で行っているところが多く、特にその日のスポット配送などは急な依頼を受けることなども多くあります。こうした場合に依頼を受けた運送会社はスポットでの配送業務が発生することになり、そこにこうした短期の仕事が生まれます。こうしたスポット勤務の仕事は、例えば同会社内ですでに業務を終えたドライバーを担当にして走ることになるのか、もしくはスポット専門の人材を確保しておいて、必要な際に声を掛け業務に就いて貰うかなどの対応となります。

 

・スポット勤務の求人の傾向

こうしたスポット勤務の求人の特徴としては、やはりその多くが短時間で終わる仕事が多いことが挙げられます。フルタイムで一日中、と言うよりは短時間で終わる、短期的な業務となります。その為、例えば早朝からの勤務で夕方以降時間があるドライバーや、反対に夕方以降の勤務で、それまでの時間に余裕のあるドライバーなどが、このようなスポットの業務を行い、給与のプラスになるようにと希望することが多いです。時間や条件などが会えば特に効率的に業務を行うことが出来る上に、給与の面でもプラスになるので、こうしたスポット業務の求人は人気の高い求人も多くあります。

 

・給与・時間帯など

スポット勤務の求人の場合やはり気になるのは給与、及び勤務時間です。スポット的な業務の場合フルタイムの業務ではことが多く、給与なども様々です。もちろん中には丸一日の業務もありますが、こうした場合においてもスポット的な業務は会社によって給与額が変わってきますので、求人広告などでもチェックしながら面接の場でもしっかりと確認しておきましょう。また、時間帯についても十分に確認しておく必要があります。特に、すでに仕事をしながらアルバイト的にスポットの求人を探している場合には、今の仕事との時間の兼ね合いは非常に重要です。このあたりしっかりと都合が合う業務なら申し分ありませんが、無理をする必要などが出てくるとやはり運転を主とする業務の場合リスクが伴います。スポットの求人を探す際にはこうした点についてもしっかりと考え、条件の合う求人を探すようにしましょう。

日中勤務オンリーの運送会社の求人を探すなら

■運送会社の勤務体系

運送会社での勤務には職種にもよりますが、勤務時間がバラバラなケースがあります。例えば早朝の勤務であったり、深夜の勤務であったり、と与えられる役割によっても変わってきます。もちろん、いわゆる一般的な時間帯での勤務のみの会社もありますので、このあたりは運送会社によって変わってくるのですが、運送会社への転職を目指す場合にはまずこのような勤務時間のバラつきがあることを知っておくことが重要です。

 

■扱う業務によって時間帯は様々

運送会社における求人の多くがドライバーであるように、ドライバーはその職務の中心となるわけですが、同じドライバーでもどんな業務に就くのかによって勤務する時間帯は変わってきます。すでに運送会社での勤務経験がある方であればご存知かと思いますが、運送会社への転職が初めての場合、こうした事情について理解しておき、求人の検索の際や面接の際にもこうしたポイントについて確認しておくことが大切です。でなければ勤務したものの、想定した勤務時間と違う、と言ったことがあとになって分かることがあります。特に勤務時間と就業時間などに関しては、勤務してみて初めて分かることとも多く、やはり採用担当者にこうした点ついてもしっかりと聞くようにしましょう。

 

■中小運送会社では様々な業務を扱う

中小運送会社では、いわゆる下請け業務がメインで、中には孫請けとしての業務を行っているところも少なくありません。そういった会社では様々な業務案件を扱っていますので、どんな業務に就くかで勤務時間は大きく変わります。求人募集の際にどのような業務内容の募集などがはっきりと明記されているケースであれば分かりやすいのですが、そうでない場合もあります。色々な業務を扱っているので応相談、のような求人の場合には、こうした事情を知っておくことが重要で、場合によっては早朝勤務であったり、深夜勤務であったりの求人もあることが考えられます。

 

■大手運送会社の方がやはり日中勤務の業務は多い傾向に

日中勤務の求人に関しては、やはり大手運送会社の扱う求人の方に多く見つけることが出来る傾向にあります。比較的業務内容が安定していることがその背景にありますが、もちろん例外もありますのでしっかりと確認の上、転職活動を行って下さい。また、日中の勤務の仕事であっても、使用時間と開始場所、終業時間と終わる場所なども確認しておく必要があります。例えば始業時間が一般的な時間であっても、スタート場所が会社から遠い、自宅から遠いなどの場合、結果的に朝早くから動く必要が出てきます。終業時間に関しても同様で、会社から遠い配送先での終わりになると帰社すると結果的に遅くまでの勤務となることもあります。こうした関係性もなども頭にいれ、自分の希望に合った日中勤務の求人を探すことが大切です。

【ドライバー】長距離運転メインの運送会社はあるか?

・長距離がメインの運送会社

運送会社では扱う荷物や、請け負う仕事によって業務内容な勤務体系など様々です。例えば時間帯などもそうですし、配送の距離によっても大きく変わります。

 

運送会社の中には長距離の配送業務をメインとしている会社も多くあります。遠方への配送をメイン業務とする場合、ドライバーとしての業務のメインは長距離で運転となります。やはり体力的な面で、近距離の配送に比べると大変にはなりますが、運転が好きな人にとっては適している業務であるとも言えます。

 

・長距離ドライバーの求人事情

長距離ドライバーのニーズは運送会社によって大きく変わります。長距離の業務が少ない運送会社においてはあまり需要は高くなりませんし、長距離メインの会社であれば需要は高くなります。一昔前までは長距離ドライバーの需要は高く、また給与も高い傾向にありました。そうしたことから稼ぎたいドライバーは長距離ドライバーの仕事を目指したりした時代もありましたが、近年の運賃の低下や、各拠点を経由するシステム化の進行などによって、長距離運行の需要はそれほど高くなくなりました。こうしたことから、長距離ドライバーは稼げると言われた時代と比べると需要は低くなりましたが、それでも長距離メインの運送会社からの需要は高く、多くの求人を見つけることも出来ます。

 

・求人をチェックする時のポイント

長距離運転をメインとするドライバーの求人では、やはり条件面、そして業務内容などをしっかりとチェックすることが大事です。特に一口に長距離運行と言ってもどのような業務内容になるのかをしっかりと確認しておかないと、入社してから大変な事になってしまうこともあるので気を付けなければなりません。例えば、どれぐらいの距離を走るのかで何日工程になるのかなどは変わります。長距離運転と言っても、数日がかりの運行なのか、2日程度の運行になるのかは大きな違いとなります。

 

また、単純に行きの配送だけで終わる業務は少なく、行った先で、またその近辺で荷物を積んで戻りながら荷物の配送を行う、いわゆる往復でワンセットになるような業務内容も多いです。そういった場合には特にどれくらいの工程になるのかについても確認しておかなければなりません。長距離ドライバーと言えばどうしても給与の面ばかりに目が行きがちですが、こうした業務内容の面でもしっかりと確認しておかなければなりません。

 

・長距離ドライバーとして働くという事

長距離運転の求人を探す際にまず考えておくべきことは、業務の中心は運転になるという事です。ドライバー業と言えども、通常の近場の配送などの場合荷物などにもよりますが、運転をする事と配送の為の荷物の積み下ろしなどの仕事があります。この割合は仕事内容によって違いますが、例えば細かな荷物を沢山積んで運搬するような仕事の場合は、運転より積み下ろしなどの作業時間の方が長いこともあります。

 

反対に長距離ドライバーの大半の時間は運転となります。運転が好きな事はやはりまず必須な条件であるとも言え、また長距離の運転は体力的な面と、長い時間集中して運転する先進的な面での負担を強いられます。長距離の運転業務にはこのような側面があることを十分に理解した上で、自分の希望する働き方に合う求人を見つけることが重要です。

資格取得サポートの有る運送会社について見ていく

■資格は運送業において大きな武器となる

運送関係の仕事をする上で、資格の所得は時に大きな武器となります。特に国家資格などの難易度の高い資格となりますと、それを保有していることで転職活動でも大きな武器となることは多いです。もちろん自分の業務に全く関係が無い場合は別ですが、仕事の上でも、給与などの待遇面などでも、有利になることが多い資格などは所得するチャンスがある場合、積極的にそうした環境を活用して資格の取得に励むことが得策です。

 

■資格取得サポート有りの求人は積極的にチェックしましょう

運送会社への転職を考える際には、資格取得に積極的な支援を行う会社の求人を積極的にチェックしましょう。資格の取得は個人にとっても大きなプラスとなりますが、それもちろん会社にとってもプラスとなります。

 

そうした資格取得に前向きな会社の場合、やはり人員の採用にも積極的で、特に資格の取得と言う意味でも人材育成的な観点に優れた会社が多い傾向にあります。特にドライバー職は離職率が高く転職が多い職種だと言えますが、そんなドライバー職においてもしっかりと育成について考えている会社は働きやすい環境であることも多いです。そういったことからも、こうした資格取得へ積極的な会社の求人はしっかりとチェックしておくことが重要です。

 

■資格取得へのどのようなサポートをしてくれるのか

どのようなサポートをしてくれるのか、条件的な面の確認も忘れてはいけません。時間的支援、金銭的支援、環境的支援、一口にサポートと言っても様々な支援の仕方があります。例えば資格取得までに多くの金銭的な費用が掛かる場合には、金銭的なサポートがあれば安心して資格取得を目指せます。また、働きながらの資格取得には時間的な問題も出てきますが、資格取得までの時間的な融通をきかせてくれるなどのサポートも助かります。このようにサポートについてはどういったサポートになるのか、そういったところもしっかりと確認しておくことが重要です。

 

■取得までの条件面は非常に重要

先ほども少し触れましたが、資格取得までの条件面は非常に重要です。例えば資格所得までは見習いとしての勤務となって、給与などの条件面も正規条件ではなく見習いとしての扱いになることもあります。こうした条件面も確認しておかなければ、資格取得に積極的なサポートをしてくれても、取得に時間が掛る場合には、それまでの間の生活がままならないこともあります。資格取得サポートありの求人は優先的に確認しておきたい求人でもありますが、こうした条件的な面もしっかりと確認しておくことが重要だと言えます。

中小運送会社の求人を丸裸にしてみる

○中小運送会社の求人事情

 

中小運送会社における求人事情は、どの会社においてもやはり苦しい状況下での採用活動であることがほとんどであると言えます。採用活動に多くのコストが割けない中、一方で人材不足に悩む会社は多いのでこのような状況がある意味で悪循環を招いてしまうケースも少なくはありません。求人募集を積極的に行いたい一方でこうした求人募集へ多くの予算が割けない現状に悩む会社は多いです。

 

○運送会社の求人で最も多い

 

運送会社の求人市場でも、やはり中小運送会社の求人が全体として見た時にも中心となってきます。大手運送会社などの場合は通年での募集などをしていることもあり、目にする機会は多くなりますが、やはり求人の中心は中小運送会社の求人となり、これらの運送会社の求人を探している方にとっては多くの求人を見つけ比較検討することが出来ます。

 

○やはり中心はドライバーの求人

 

中小運送会社の求人の中心は、やはりドライバー職の募集となります。中小運送会社では求人募集に多くのコストが掛けられないことから、やはり慢性的な人員不足に陥りやすいです。特に元々ドライバー職においては十分な人手が確保できていない中小運送会社も多く、このような場合には主に欠員や新規案件の獲得に応じての募集となることも多いです。

 

事務職や経理職などに関しても求人を見つけることは出来ますが、中小運送会社においてはこれらの職種の定員が元々少ないこともあり、時期やタイミングなどによってはあまり多くの求人を見つけることは出来ないこともあります。管理職の求人などは中小運送会社では元々求人を見つけにくいこともありますので、しっかりと求人情報を常日頃からチェックしておくことが重要だと言えるかもしれません。

 

○希望条件を明確にして活動を

 

中小運送会社への転職を希望する場合には、やはりまず希望する条件などを明確にしておくことが重要です。中小運送会社などの場合、条件的な面や業務内容などが様々な為、どこに重きを置くかは転職活動の大きなポイントになります。

 

特に業務内容などは運送会社によって大きく異なることになりますので、どんな仕事を希望するのか、どんな働き方がいいのか、しっかりとこのあたりを明確にしておくことが、転職活動をより良いものにするためのポイントだと言えます。

大手運送会社の求人をチェックしてみる

○大手運送会社の求人状況

 

運送会社における求人状況は、ドライバーの慢性的な不足などもあり、比較的見つけやすい状況だと言えます。その中でもやはり大手運送会社における求人は多く見つけることが出来ますので、資格や条件的な問題もあるとはいえ、転職においてチェックしておきたい求人だとも言えます。

 

中小運送会社などの場合は通年での募集は難しく短期的な募集などが多く見受けられますが、大手運送会社などの場合は通年での求人募集なども多く見かけますので、その中でも特にドライバー職などは求人が見つけやすい状況です。

 

○基本的には売り手市場であると言える

 

運送会社における求人市場は、やはり慢性的な人材不足などから、基本売り手市場である傾向にあります。一般的には新卒での採用などの力を入れ、足りない人材を中途採用などで補う形での採用活動を行うことが多いと思いますが、運送会社の場合は他の職種に比べ、より即戦力を求める傾向にあります。これには慢性的なドライバー不足などの問題が背景として挙げられますが、そういった背景からも特にドライバー職などは売り手市場であるとも言え、比較的求人をしっかりと比較しながらの転職活動がしやすい状況であるとも言えます。

 

○職種にもよる

ただやはり職種によって求人状況は大きく変わり、例えばドライバーなどの現場の人間に関しては売り手市場であっても、事務職や経理職などに関しては厳しい状況であることが多いです。これにはやはり大手運送会社であるからこその条件面や待遇面が関係しており、同じ事務職や経理職をとってもしっかりとした条件面で働くことが出来る大手運送会社の方が人気が高くなるからです。また大手運送会社における事務職や経理職などは、中小運送会社に比べて正社員としての雇用が多いことも、入れ替わりが少ないことに繋がりそれは求人の少なさへと繋がります。

 

○条件面は慎重に比較する必要あり

 

大手運送会社への応募に関してはやはり条件面などもしっかりと比較することが重要となります。運送業界全体としてみるとやはりまだまだ景気が回復しているとは言い難く、それゆえに好条件での求人はそう多くありません。大手運送会社だからと盲目的に求人を探していると中々自分の希望する求人を見つけることが出来ないこともあります。大手運送会社への転職理由が条件面の良さである場合、視野を広げて求人を探すことも重要です。もちろん大手運送会社ゆえのしっかりとした条件を提示している会社もありますが、あくまでもトータル的に見た転職活動を行うことが大切だと言えます。

よくある運送会社への転職理由を考える!

■他業種からの転職を目指す場合には

 

他業種からの転職を希望する人の場合、マイペースで仕事が出来る、運転が好きだから、などが運送会社への転職を目指す理由として多く挙がります。特に他業種などで人と接する仕事、組織的に動くことを余儀なくされる仕事などに従事している人の場合、人間関係のわずらわしさに嫌気がさし転職を決意する人も多く、運転中は自分ひとりの時間となることが多い運送業と言う仕事が魅力的に映ると言った傾向が高いのが特徴的です。

 

また、元々運転することが好きな方などにとっても勤務時間の大半を運転に費やす配送の仕事に魅力を感じ、転職を目指すケースも多くあります。

 

■同業界内での転職の場合には条件面などを重視する傾向が

 

同じ業界内での転職においてはやはり、条件的な面での理由が多く、給与、勤務時間、休日、などを理由に転職を希望するケースが多いです。特に給与体系などは運送会社によって様々で、また仕事内容によってその勤務時間、拘束時間なども様々です。例えば食品関係をメインに配達する業務を中心としている運送会社に勤務している場合、やはり必然的に勤務時間は朝の早い時間からの勤務、もしくは夜遅めの勤務となることがほとんどです。こういった場合にはやはり勤務時間などは転職の大きな理由の1つになります。

 

また、運送会社の中でも下請けの仕事がメインとの会社の場合、必然的に運賃は下がりその分は給与の面においても大きく影響をしてきます。こうした勤務時間や勤務内容と給与とのバランスにおいて満足がいかず、転職を目指すケースは多いです。

 

■他にも運送業界ならではの理由が

 

他にも、例えば運送業界ならではの特徴から転職を目指すケースも多く、長距離メインで走っていたドライバーが地場を走る仕事へと転職を目指したり、資格の取得に積極的な会社への転職や、すでに取得している資格を活かすための転職を希望するケースも多くあります。

 

特に資格の面に関しては、十分に生かすことが出来れば給与などの待遇面においてもはね帰ってくる大きなポイントとなるべき要素となりますが、しかしながらその資格を活かすことが出来ない会社であれば転職を考えることこそが、資格を十分に生かすことが出来る唯一の方法だと言えます。

 

このように運送会社の転職理由は、置かれた立場や状況などによって様々です。今の現状をよりよいものにするための転職なのであれば、積極的に自分に合った会社への転職を考えてみるべきだと言えます。